コスメル島

コスメル島でシュノーケリング

ユカタン半島沖でみたエイ

コスメルのグラスボトムボートコスメル島南部はダイブスポットが満載。
ダイバーはもちろんのこと、シュノーケリングツアーでも充分楽しめます。
シュノーケリング専用のグラスボトムボートでゆっくりと海中散策です。

コスメル島でシュノーケリング

ボートの周りを徘徊する魚コスメル周辺の海は世界有数の透明度を誇ります。
水深30m以上の深さでも太陽の光が海底まで届き、
海の上から肉眼で確認できるほど。
島と半島を結ぶフェリーの上から海底をのぞき込み、
「びゅーてぃほー」と驚嘆の声を上げる人もいる。
 
コスメル島の西、ユカタン半島自体が石灰質の土壌をしています。
石灰岩というのは死んだ珊瑚が積み重なってできた岩石。
雨が降ると石灰質の土壌で濾過されクリアになって、海に流れ込みます。
サンゴ砂の海岸が先なのか、陸から石灰質の砂が流れ込むのか、
鶏と卵の様な関係ですが、とにかくどこを見回しても白い砂浜。
 
コスメル島も言うに及ばず。サンゴ礁島の様に島全体が真っ白い砂で覆われているのです。
海底を覗いてみるとサンゴがいないところは、とにかく一面真っ白な砂。
そんな島ですから潜らなくてもシュノーケリングだけでも充分楽しめます
 ※サンゴ礁島(コーラル・サンド・ケイ):サンゴ砂からできた島
 
シュノーケルを装着してビーチからすいすいと泳いでいても魚の姿は確認できますが、
クラゲなんぞがいた日には目が当てられない。
だって、透明の海に、真っ白い海底に、鮮やかな太陽光線ですよ。
砂浜に擬態してるかのように、ちっとも見えないんです(でも刺される)。
 
ビーチでクラゲと格闘しているくらいなら、シュノーケルツアーに出てみたい。
島からボートで数分の場所にダイビングスポットが点在しているため、
グラスボトムボートを使った半日のツアーで2,3カ所を回ってもらえる上、
各ポイントの遊泳時間は1時間近い(疲れたという声も)。
 
基本的にシュノーケリングギア3点セットレンタルはツアーに含まれますが、
性能が今ひとつなので(角度が悪く水がぼこぼこ入ってくる)
せめてマスクとフィンは借りるとしても、シュノーケルだけは日本から持参したい。

シュノーケリングツアー料金例(2009.12月)

  1. グラスボトムボート+3カ所でのシュノーケリング 45ドル+海洋公園保護料2ドル
    所用約3時間 ガイドが同行し、各ポイントで少しずつ移動しながら泳ぐ。
    ソフトドリンク、ビールサービス(3カ所のポイント周回後)
    ポイント:ユカブ・リーフ、バランカー・リーフ、コロンビア・リーフ
    カメ、エイ、バラクーダ、エンゼルフィッシュなど。
    (他のショップのツアーが39ドルだったので、39ドルに値切った。)
  2. グラスボトムボート+2カ所でのシュノーケリング 29ドル+海洋公園保護料2ドル
    所用約2時間 シュノーケリングガイド付
    ポイント:パラダイス・リーフ、ヴィラブランカ・リーフ
    ミネラルウォーター、果物、スナックサービス
  3. 3カ所でのシュノーケリング 39ドル+海洋公園保護料2ドル、50ドル(海洋公園費含む)など
    所用約3時間 シュノーケリングガイド付
    ポイント:コロンビア・リーフ、パランカー・リーフ、パラダイスリーフ
    ミネラルウォーター、果物、スナックサービス

シュノーケルポイントの地図と概要

個人的所感を含んだポイントの概要

  1. トルメントス Tormentos
    輝くような白さが特に際だつ砂地。透明度抜群。
    水深15~19メートル 潮の流れは穏やか。
    エイ、エンゼルフィッシュ、チョウチョウ・ウオの仲間も多く生息。
  2. ユカブ・リーフ Yucab reef
    水深18m。エンゼルフィッシュなどの魚が多く見られる。
    サンゴの根と砂地の際でコスメル固有のトードフィッシュが見られる場合もある。
  3. パランカー・リーフ Palancer Reef
    水深18~24m。5mくらい~リーフエッジが広がり、様々な色のイソバナやカイメンが生息し、

    カラフルなスポット。魚も人間に慣れていてそこここにふよふよ泳いでいる。
  4. コロンビア・リーフ Colombia Reef
    町から遠いので3カ所を巡るシュノーケリングツアーでのみ訪れる場合が多い。水深20~25m。
    大小様々なケーブやトンネルがあり、海中は鮮やかな群青色。海底をじーーっと見つけているとにょっきりカメが現れたりして感動する。
優雅に泳ぐエイ海底の珊瑚礁と魚熱帯魚
海中写真初チャレンジ。綺麗に撮れてないのはご愛敬。次回がんばります。