島旅☆シュノーケラーで行こう!
バリの棚田

バリ島へ行こう!

バリ舞踊を踊る女の子家族連れ、サーファー、ダイバー。旅行者のあらゆるニーズにも応える神秘の島。
チャラいかと思ったら、信仰が生活に根付いていて、昔の日本にも似た雰囲気。
日本人の幅広い年代に支持されるのもわかる気がする。

clickアイコン blogram投票ボタンにほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ

バリ島は、どんな雰囲気の島か。

インドネシアのジャワ島(首都ジャカルタがある島)の東に浮かぶ島。
インドネシアの宗教人口はイスラム教徒が大半ですが、この島はバリ・ヒンドゥ教徒が中心。
毎日の生活に神を敬うバリ・ヒンドゥの信仰と自然の美しさとが融合し、神々しくすら感じる。
 
バリといえば、かつては海岸にヒッピーが集まったところ。
今でもナンパ、ジゴロ等々がはびこるいかがわしいイメージがあるが、
それはほんの一部の話で、関係ない人には関係ないのであった。
 
日本とは異なる文化を持ちながら、信仰や生活のスタイルがどこか似通ったところもあり、
異国にいながらも懐かしさを覚える。だから多くの旅人を引きつけて止まない。 
そして、島全体で観光業に力を入れており、そのバリスタイルの伝統を保ちながら、
観光客にオープンなのもその人気のゆえんでしょう。
 
今日は海、明日は観光、あさっては登山。エステに美食・・・。
それほど広くないのでそんなわがままな要求も通りますし、
高級リゾートホテルで、日本の喧噪を忘れてひたすらのんびりすることもできます。
田舎に行けば日本の生活なんてどうでもよくなるほど命の洗濯ができることうけあいです。
 
老若男女問わず、OL,家族連れ、バックパッカー、サーファー、ダイバー・・・と
あらゆる旅行者をも引きつけるところがなかなかすごい島です。

ただし、女性の一人旅は現地の男性に執拗につきまとわれることもあるので、
その気がないときは相手にしないように注意したい。

 

 

バリ島各地の主な特徴

バリ島南部

全体が一大リゾート地帯。白砂の海岸が美しく、ビーチ沿いに高級ホテルが建ち並ぶ。
バリ島はそれほど大きな島ではないので、ここを拠点にし、バイクや車で動く人も多い。
ビーチアクティビティも充実しており、家族旅行向きでもある。
子供とお父さんは海。お母さんは友達とツアーでボルブドゥール・・・なんて人もいた。

バリ島北部

南部と変って火山岩でできた黒砂のビーチが広がる。海の透明度は高く、穴場的。
特筆すべきはプムトゥランの珊瑚礁保護プロジェクト。子供の勉強にもいいかも。

バリ島中部・中東部

たかが棚田という気もしないでもないが、緑をたたえる稲穂が一望できる様は圧巻。
そのライステラス(というとかっこよく聞こえる)の景色を求めて長期滞在する人も。
南部リゾート地帯を離れると一気に田舎の雰囲気が漂い、気分が落ち着きます。

バリ島東部

パダンバイ、アメッド、トゥランベンなど、珊瑚礁が美しいダイブスポットが多い。

バリ島西部

島で最も人口密度が低く、観光客もあまり訪れない。隠れ家的な場所が見つかるかも?

北西部のムンジャンガン島周辺の国立公園は素晴らしい珊瑚礁と自然が残りオススメ。

 

ブサキ寺院の上から下界を見下ろす
バリ島で最も有名な寺院ブサキ寺院から下界を見下ろしたところ。
ガイドを雇うのが強制のように案内され、感じが悪い。村の大事な収入源なのはわかるが・・・。

 

バリ島への行き方

日本からはガルーダインドネシア航空が羽田、成田、関空、セントレアから、
日本航空が、成田、関空から直行便を飛ばしている。
 
その他、グアム乗り換えのコンチネンタル航空、タイ航空、シンガポール航空、
キャセイパシフィック航空など、経由便は数多い。
 
時間があるのであれば、帰路にストップオーバー可能な経由便の航空券を選び、
帰りに他の国で美味しい物を食べて帰るのも楽しいです。
バリのご飯は基本的に味が濃いめなので、帰りにタイ飯とか食べると死ぬほど美味い。

 

バリ旅行のパターン検討

航空券だけ持ってバリに行き、自力でバリを回る個人旅行。

アジアの国を巡る旅人に多いスタイル。ある程度旅程に余裕があれば個人旅行がベスト。

バリはあらゆるランクの宿が豊富で、飛び込みでも問題なし。 

気分に合わせて北部へ移動したり、ウブドで芸能鑑賞をしたり、思いのままに過ごせる。

ただし、年末年始は特にオーストラリア、アジア、日本の観光客で巨混みなので、
宿泊施設にこだわりがある場合は早めに予約すべし。
特に絶景地にある小さい宿はあっという間に埋まる

リゾートホテルも軒並み値段が上がるのでagodaなどのホテルクーポンサイトで、
割引料金の部屋が残っているうちに素早く予約をしておきたい。

完全フリーのパックツアーに参加し、現地で適宜観光を取り入れる。

パッケージツアーはレストランもアクティビティも豊富な南部リゾート地宿泊が普通。

ホテルランクにこだわらなければ、航空券と同じ値段で宿泊代と送迎がつくようなもので、
値段的にお得だし、現地で宿探しなどに煩わされずにすむ。

必要に応じて現地旅行代理店を通じて車をチャーターしたり、ツアーに参加すれば無駄がない。

日本語にこだわらなければツアーもエステも安くすむ。(っていうか日系代理店が絡むと高い)

日本から完全なパッケージツアーを利用する。

泊まりたいホテルやエステ、行きたい観光地などのこだわりがある場合、
そのこだわりが組み込まれたパッケージツアーを探し出すのが一番お得。

特に有名リゾートホテルは航空券と宿泊代が別だと高くつくので、パックを探すとよいです。

観光プランはウブド、ブサキ寺院、キンタマーニ、ボルブドゥールなどが一般的。

バリ島でのウェディングプランなどもあり、コースも豊富で好みの旅を選びほうだいです。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る