島旅☆シュノーケラーで行こう!
島旅☆シュノーケラーで行こう! > シュノーケリングの基礎知識 > シュノーケリングの基本テクニック:マスク・スノーケルクリアと耳抜き
フィジーの海 合成2

シュノーケリングの基本テクニック:マスク・スノーケルクリアと耳抜き

シュノーケリングは他のマリンスポーツと異なり、特別なテクニックは必要ありません。
体の力を抜き、水に上手に浮くこと。これができればまずは誰でも楽しむことができます。
さらにスノーケリングジャケットなどの道具の力を借りれば、疲れが溜まった時や
泳ぎに自信がないあなたの助けにもなり、より安全で楽しめるのです。
フィンの力を借りながらバタ足で水面を泳ぐことからはじめ、徐々に潜水を憶えていくと良いです。
ここではシュノーケリングを楽しむための基本的なテクニックを紹介しておきます。

clickアイコン blogram投票ボタンにほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ

スノーケルクリア

スノーケルは水面に顔を付けたまま泳ぎ続けるための道具。
息継ぎのために顔を上げなくても、円筒形の筒を通して呼吸できます。
マスクのストラップの脇に通して装着して使います。
 
シュノーケリングをしながら水に潜った時や水面を泳いでいる時に
大きな波をかぶったりすると、スノーケルの中に水が入ります。
この水を除去するのがスノーケルクリアです。
 
要領は鯨の潮吹きと同じ。
鯨は海面に出た時背中のハナのくぼみに貯まった海水を息で吹き飛ばしています。
スノーケルクリアも同じ要領で。お腹に力を入れ、一気に肺の中の空気をはき出します。
 
勢いが弱いと貯まった水が上手く噴き出さず、息を吸ったとき
スノーケルに残った水を飲んでしまいますので注意が必要です。
一気にシュボッっとはき出すのがコツ。
海に出る前に泳ぎながらタイミング良くはき出せるように、練習しておくと良いですよ。

 

マスククリア

自分の顔にぴったりとフィットするマスクを使うのは基本中の基本。
しかし、泳いでる最中に何らかの理由でずれてしまう
ハプニングがないわけではありません。
水面に浮いてマスクを付け直さなくても水中でマスククリアもできます。
 
やり方は簡単です。
マスクを付けた状態で、フレームを軽く手で押さえて斜め上を向きます。
この状態で鼻からゆっくりと息を吐き出すとマスクの下から水が出て行きます。
つまり体から出された息(空気)でマスクがいっぱいになるので
マスクの下の方に溜まっていた行き場のない水が押し出されるのです。
 
ただし、これはあくまでも自分の顔にぴったりフィットするマスクの場合で、
レンタルのマスクなどでマスク自体があわない場合はうまくいかないこともあるし、
それ以前に鼻息でマスクが曇ってしまうこともある・・・。
レンズの曇り止めはしておいたほうがよいです。

 

耳抜き

飛行機に乗っている時、耳の中がきーんと変な感覚になることがありませんか?
あれは鼓膜の内外の空気圧が変わるために起こる現象です。
水中でも水の中に潜った時、水圧で鼓膜が押され、バランスが崩れます。
水圧で外から押された鼓膜を元の状態に戻してやるのが耳抜きです。
 
耳抜きを上手くせずに海中深くまで潜ると最悪の場合鼓膜が破れてしまいます。
スキューバダイビングをする人にとっては基本中の基本のテクニックですが、
シュノーケリングでもできる方が望ましい。
やはり、水面にぷかぷか浮いていないで潜ったほうが魚に近づけて楽しめるからです。
 
外から押されている鼓膜を元に戻すには、体の内側から空気を送り圧力を平衡にします。
耳抜きは鼻をつまんで意識的に耳に空気を送ります。
もっと簡単なのはツバをごっくり飲み込む(フリで平気)こと。
ツバと言うより口の中の空気を飲み込むような感じ。
そうすると耳の奥にある耳管が開き、空気が鼓膜の方に流れ込むのです。
 
大きく息を吸い込んでざっぶーんと潜りながら、ごっくんと息をのんでみましょう。
水に押されて気持ち悪かった耳がスッキリして、快適に潜っていけますよ。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る