島旅☆シュノーケラーで行こう!
ウェー島行きのスピードボート

ウェー島へ行こう!

ウェー島 イボイの海インドネシアの領土はサバンからメラウケまでと呼ばれるように
サバンのあるウェー島はスマトラ島の北の沖に浮かぶ。
マラッカ海峡の入口にあるダイバーの楽園です。

clickアイコン blogram投票ボタンにほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ

ウェー島(プラウ・ウェー)はどんな雰囲気の島?

日本の5倍の国土を持つ島嶼国家であるインドネシア。
日本人になじみがあるのはジャワ島、バリ島、スラウェシ島、スマトラ島などの大きな島で、
ウェー島など知らない人がほとんどです。
ウェー島はインドネシアの端であり、またインド洋からマラッカ海峡に入る入口でもあるため、
商店や銀行なども整っており、島の大きさを考えると町は意外と大きいです。
(地図上では北の端に思えるが、ウェー島のサバンはインドネシアの西の端の町と言われる。)
 
島のまわりには豊富な漁場と汚染されていない海が広がり、
外国人観光客はダイビングやシュノーケリング、釣りなどを目的に集まってきます。
かつてはバリで休日を過ごしていた西洋人が、バリの騒々しさを嫌忌してこちらに移っており、
ほとんど毎日ボートでダイビングに出かけています。
 
しかしこの島も2004年に起こったスマトラ島沖地震での津波の被災地でもあるため、
シンプルなバンガローが多く、バックパッカーが好んで集まるイボイの周辺などは、
珊瑚礁はほとんど残っていません。
 
また、スマトラ島周辺は年間を通して高温多湿で雨に振られることもあると思いますが、
逆に雨期の方が魚影が濃かったりするため、季節に関係なくダイバーが集まります。
 
スマトラ島北部のバンダアチェはインドネシアにイスラム教が上陸した町で、
ウェー島を含むアチェ州はインドネシアで最も敬虔なイスラム教徒が集まっています。
外国人観光客が集まる場所ではビールくらい買えますが、それ以外では難しいです。
アザーンの音は思っていた以上に聞こえず、むしろロンボクの方がうるさいくらい。
(そしてロンボクの人たちは地酒飲むんですよね。ムスリムなのに。)
 
サバンの町にはそこそこ快適なホテルやゲストハウスがありますが、
そこを離れると一気に簡素なバンガローばかりになります。
高級リゾートもエステもエスニック雑貨も不要。
汚染のない海と静けさだけが望みのあなたにはぴったりです。

 

イボイのビーチ
【ウェー島のイボイにある小さなビーチ。】

 

ウェー島の場所と行き方

ウェー島にはインドネシアスマトラ島北端のバンダアチェから渡ります。
バンダアチェは2004年末に起こったスマトラ島沖地震で知った人も多いでしょう。
かつてはインドネシアからの独立運動と政府との紛争が絶えず、
治安が悪かったところなのですが、
地震と津波で被災した後、しばらくして政府と和解しました。
現在は観光誘致にも力を入れており、外国からの投資も徐々に集まりつつあるようです。
 
バンダアチェ-ウェー島間はスピードボートとカーフェリーがほぼ毎日。
アチェの町から11kmほど離れたウレレ港から出港します。
スピードボートはカーフェリーに比べ所要時間は短いですが、値段は高いです。
乗り心地はどちらも悪くないので、時間とコストを比べて選択するとよいでしょう。
 
ウレレ港(アチェ)-バロハン港(ウェー)船のスケジュールと乗船料金(外部リンク)

カーフェリーの背部スピードボート

 

スマトラ島のバンダアチェへはどういくか。

スマトラ島のバンダアチェへは日本からの直行便はありません。
マレーシアのクアラルンプール、ペナン、インドネシアのジャカルタなどで
乗り継いで行くことになります。
 
最も効率的なのがクアラルンプール経由。
2012年4月現在、バンダアチェの空港でもアライバルビザの発行が可能になったため、
ジャカルタやメダンなどの他の都市でインドネシアに入国する必要がなくなりました。
(以前はビザの為に他都市での入国が余儀なくされていた。)
 
日本を深夜に発着する羽田発のエアアジアや成田発のマレーシア航空であれば、
同日乗り継ぎでバンダアチェに到着できます。
関空発などその他の便を使う場合は、クアラルンプールで1泊の必要アリです。

ただし、クアラルンプールからバンダアチェのフライトはLCCのエアアジアです。
マレーシア航空とエアアジアの乗り換えはターミナルが異なるため時間がかかるし、
エアアジアは格安な分、遅れても乗り継ぎ便の保証などありませんので、
同日乗り継ぎは余裕を持ったスケジュールにしないと不安が残ります。

 

ウェー島全体マップ(土産物屋作成)
ウェー島全体マップ。現地の土産物屋提供。後日自作地図に等に入替えます。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る