島旅☆シュノーケラーで行こう!
ラ・ベランダリゾートからの眺め

フーコック島へ行こう!

フーコック島ロングビーチ側空撮美しいビーチを持ちながらどことなく庶民的。
ニョクマムの香りや漁船の群れが素朴な雰囲気を醸し出す島でした。
リゾートホテルが増殖中で、これからどんどん観光客が押し寄せそうです。

clickアイコン blogram投票ボタンにほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ

フーコック島はどんな雰囲気の島?

ベトナムのリゾートというと、ホーチミンから近い本土のニャチャンやファンティエットの方が
取りざたされる方が多い気がするのは、やっぱりフーコックが島だから?
カンボジア沿岸から南へ15kmほどの位置にあり、ベトナムよりもカンボジアに近い。
 
観光地としての開発が急ピッチで進められており、ホーチミンからの飛行機も便数も増え、
特にタイ湾側のビーチ沿いには民間のリゾートホテルが続々と建設されています。
ベトナム政府がリゾートとして観光客の誘致を広げようとしているのがよくわかる。
 
一方、島の主要産業は漁業と水産加工業。ニョクマムの産地としても知られています。
島の中心ユーンドンにはカラフルに彩られた木製の漁船がたくさん停泊していて、
ちょうどレッドクリフを見た直後だったので、「おお、赤壁!」と一人興奮してしまった。
 
プーケットやバリの繁華街の様な騒々しさや、リゾート地としての派手さが全くないので、
静かな休日を過ごせるのがナイスです。良い感じに素朴です。
しかもベトナムはどこに行ってもご飯が美味い。これとっても重要!
 
また、ホーチミンでは、ぼったくり、客引きなど日常茶飯事ですが、それもありません。
海の家も屋台も明朗会計だし、タクシーはちゃんとメーターで走ります。
とてもリラックスした休日を過ごせる島です。

 

漁船が一杯サオ・ビーチ2葉っぱ売りのおばちゃん。

 

フーコック島の場所と行き方


より大きな地図で ベトナム・フーコック島 を表示

フーコック島へは飛行機、
もしくは船で行くことができます。
 
現在、飛行機は毎日5便。所用1時間。
うち1便はラックザー経由なので、
ラックザーから乗ることも可能。
航空券は旅行代理店で買っても
航空会社で買っても値段は変わりません。
むしろ代理店は手数料がプラスされるので、
ベトナム航空でオンライン予約がベスト。
 
船は、カンボジアとの国境近くの
ハーティエンとラックザーからあります。
ラックザーからは数社が乗り入れている上、
午後にも便があるので、
カンボジアから陸路でハーティエンに入る
以外はラックザー発が便利。
 
ただし、船はフーコック島に遊びに行くベトナム人観光客でいっぱいになるので、
チケットは前日までに買っておいた方が無難。席なしで辛そうな人いっぱいいました。
また、ラックザーの港は町はずれですが、船に併せてバス会社のカウンターが空くので、
フーコックからラックザー入りした場合、そのまま別の町に移動もできます。
 

ベトナム航空 時刻表

ベトナム航空 時刻表検索(ベトナム航空公式サイト)
 
【ラックザー発 船時刻表】
ラックザー-フーコック島 スピードボート時刻表(フーコックエクスプローラー:英語)
 
【参考:関連レポート】
フーコック島への玄関口。ラックザーの町をゆく。
船でフーコック島に上陸。ユーンドンの町散策から。
フーコック島の美しい海サオ・ビーチなどを写真でご紹介。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る