島旅☆シュノーケラーで行こう!
シンハビールとつまみ

ピピ島写真館

サンセットバーでのんだカクテルピピ島のレムトンビーチはリゾートエリア。
サンセットを見ながらカクテルを傾ける・・・なんちゃって。・・・やりました。

clickアイコン blogram投票ボタンにほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ

ピピ島行きのフェリー
プーケット発ピピ島行きの定期船。
送迎付きでチケット購入が便利。
ピピ・レ島は船から眺める
プーケットからの日帰りツアーでは立ち寄るレ島も定期船上から眺めます。
小型ボートに乗り換え
トンサイ湾以外の宿泊はボートで送迎。
乗船時にシールを貼られ区別されます。
水上飛行機
お金があればこんなもので上陸もできる。
水上着陸可能なセスナ。一度乗りたい。

レムトンビーチの様子
レムトンビーチは小さい村があるだけ。
モーゲン族所有のボートが静かに並ぶ。
木陰でひるね
海沿いの大きな木につるされたハンモック。転がりながら海を眺めた視界。
プールで一人遊びする子供
透き通るような海を目の前にしてプールで一人遊び。
津波に注意
数年前のスマトラ沖地震の教訓。タイの海岸には避難を促す看板があちこちにある。

大きな木の下で
ビーチの中にあるモーゲン族の憩いの場。
いつでも人が集い、にぎわっている。
今日は食堂に早変わり
夕方は一仕事終えた兄さんの飲み屋であり、家族の食堂になる。私もお邪魔。
船を出すのを手伝わされる
彼らのテリトリーで休んでいたら、仕事も手伝わされていました。
モーゲン族の船
漁船だが、送迎にも使う。頼めばシュノーケリングにも船を出してくれます。

ソンクラーンの様子
ソンクラーンの時のピピ島入り。
都会と違って水と戯れる感じでかわいい。
白い粉まみれの子供
都会と違い、遠慮がちに近づいてくる。
どうぞと顔をだして粉をつけてもらった。
サンセットバーからの眺め
ホリデイインの裏手はサンセットバー。
夕方5時のオープンと同時に席取り!
ホテルの従業員のお見送り
従業員に楽器でお見送りを受け出発する。
欧米リゾートっぽい演出。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る

広告をはずしてみる。