島旅☆シュノーケラーで行こう!
ケナリの実

バンダ島写真館

アイ島のローカルボートバンダ島周辺の海はうわさに違わずシュノーケリング天国。
綺麗な海にこれでもかというくらいの魚の群れ。大型魚もざくざく出会います。
泳ぎが苦手でもその辺でお魚いっぱい見られますよ。

clickアイコン blogram投票ボタンにほんブログ村 マリンスポーツブログ シュノーケリングへ

NBA航空の機体
アンボン空港に駐機しているNBA航空。古い小型機。
NBA航空の機内からの眺め
空から見た島。左:バンダ、右:グヌンアピ、奥:バンダベサール
バンダ島:マロレビーチ
バンダ島北部のマロレビーチは岩が多い。宿から徒歩で行ける。
マロレビーチを横切る猫
マロレビーチを警戒しながら横切る猫。犬は全くいないのになぜか猫が多い。
マロレビーチの海の中
マロレビーチ付近の海の中。岸から50m程のところにサンゴ礁が広がる。
マロレビーチの海の中
マロレは人間の生活圏に近いが魚も多い。暇つぶしに毎日行く人もいるとか。
バンダのボート職人
海沿いの工房で手作りされていた木製ボート。島人は漁業や農業に携わる。
アイ島のボート職人
アイ島では森のど真ん中で丸木船を作っていた。
アイ島の北部海岸
アイ島は白い砂浜の美しいビーチが広がる。しかもビーチエントリーできる!
漁からかえった父ちゃんを迎える
漁師は夜中に一晩中漁をする。早朝、漁から戻った父ちゃんを出迎える子供。
アイ島北部海岸
アイ島北部は美しい上に珊瑚も魚もいっぱい!大型魚が浅瀬にくることも。
アイ島の西部海岸
アイ島西海岸は海流はキツイが珊瑚も豊富でうつくしーです。
ヤングフィッシャーマン
子供たちは針と糸だけで魚釣り。これでも意外と釣れていた。
魚市場に並んだマグロや鰹
市場にはプロが採ったマグロや鰹が満載!
ペルニ船がバンダネイラ港に寄港
ペルニ船の寄港日はバンダもお祭り騒ぎ。船内食が少ないんだって。
バンダの町に繰り出す乗客
静かなバンダが最も賑わうのが寄港の日。主婦が屋台を出します。
ペルニ船の時刻表
ペルニ社のオフィスに掲示された時刻表。時刻表通りに運行はしませんけど。
ガマラマゲストハウス
バンダ島滞在中お世話になったゲストハウス。ビールが飲める宿のひとつ。
ハッタ島でみた魚の群れ
シュノーケリングで行ったハッタ島の魚。ハッタ島には宿がないので日帰りで。
グヌンアピ周辺で見たエイ
バンダの向かいのグヌンアピ北部で見たエイ。
バナナの花
バナナが花。花は茹でてから炒めて食べるんだそうです。
イカン・バカール
焼き魚イカン・バカールは別添えのソースで。魚の向きが気になります。
テロン・ゴレン・サウス・ケナリ
名物のケナリ(ナッツの一種)ソースを揚げ茄子に。調味料は塩と唐辛子。
マグロの卵の薫製
港の屋台で買ったマグロの卵の薫製。見た目がなんかすごいんだけど。

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

Pocket
LINEで送る